2005年11月27日

博多情緒めぐり〜博多寺町ウォッチング〜 その2

続きは今度・・・といいつつ2週間も経ってしまったがく〜(落胆した顔)

間をあけすぎて記憶が薄れてはいけないと思い、深夜に更新!
(もう若くないから思い立った時にあせあせ(飛び散る汗)

さて、「博多情緒めぐりマップ」によると、
寺町ウォッチングコースの順番では次は「聖福寺」。

・・・なんだけど、横浜中華街展(in三越)の
「牡丹園」飲茶・点心食べ放題(前回の記事はこちら)を予約していたから、
一度寺巡りから脱線しなければならない。

しかし、最後の行き先である「承天寺」では11:00〜15:00の間でうどんの試食会があってて、
先着順400杯限定(無料)ときたらやっぱり先に行って食べなきゃexclamation×2ってなるわけで。

昼に食べ放題行こうって奴がなにを言ってるんだって感じだけどあせあせ(飛び散る汗)

というわけで、順番を変更して「承天寺」へ。

4承天寺

jyotenji.jpg

この日は特別拝観で仏殿、宝物殿、方丈(本堂)、庭園、開山堂の拝観ができた。
いろいろ見るのは午後からにするとして、まずはうどんの試食会場を探すが、
あせっているから見つからないふらふら
やっと見つけて頼んだところ、普通に丼型のトレーに一杯分入ってるがく〜(落胆した顔)

hakataudon.jpg

いつもならすごくうれしいんだけど、
これから食べ放題なのに・・・
まともに食べたらお腹いっぱいになっちゃう・・・

そう思いながらも残す勇気がなくて全部食べちゃいました(笑)

<うんちく>
博多に住んだ宋人貿易商の謝国明が伽藍を建立し、
宋から帰国した聖一国師が開いた禅宗寺院だそうです。
この聖一国師がうどんやそば、饅頭、羊羹の製法を伝え、
また博多祇園山笠を創始したと言われているそうです。


「承天寺」についてはまた後で訪れますので、その時に・・・。

続きを読む
posted by ken at 03:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

寿司処いずみ田にて

今夜は「寿司処 いずみ田」に夕食を食べに行きました。
年に数回のお楽しみ、4,200円のコース(寿司コース全9品)をいただきましたわーい(嬉しい顔)
さぁ、はりきって紹介しましょう。
まずは付き出し、の前に料理のお供のお酒は、というと
スペインのスパークリングワイン(カヴァ)「カルタ・ネバダ(フレシネ社)」にしました。
甘口でフルーティーな味わいの1本(ただし、ハーフボトルね)。

さて、改めて付き出しから。

♪季節の付き出し3品
tsukidashi.jpg
左から「アラの南蛮漬」「玉子焼き」「たこの味噌和え」
やっぱり寿司屋さんの玉子焼き(厚焼き玉子含む)って美味しいるんるん

♪刺身盛り5点
sashimi.jpg
わかりにくいんですけど、左から「生さんま、マグロヅケ、カンパチ、いくら、さんまの炙り」
※芽ネギとのりは生さんまを一緒に巻いて、
臭みを消して食べたい人のために添えてあるものです。
ヒカリモノ好きだから気にならないけど、せっかくなので巻いて食べましたるんるん

♪アラ料理3品
araryuhimaki.jpgarawakasa.jpgaranegimiso.jpg
左から「アラの龍ヒ巻」
    (酢でしめたアラで、大根、人参、芽ネギ、がりを巻いて昆布巻にしたもの)
    「アラの若狭蒸し」
    (蒸したアラの上に半分にカットした里芋をのせ、湯葉を散らせてあんをかけたもの)
    「アラの葱味噌焼」
    (アラを葱味噌で焼いたもの」
どれも美味しいぴかぴか(新しい)(なんといういい加減なコメント・・・)

♪旬のニギリ10カン
sushi.jpg
ひらめ、さんま、マグロヅケ、山芋巻(いくらのせ)、
カンパチ、さんま炙り、松前、穴子、アラの昆布巻、海鮮巻の10カン
ごめんなさい、1カンずつ出てくるので
途中で撮らざるを得ませんでした・・・。


♪赤だし
misoshiru.jpg
「じゅんさいの赤だし」

♪茶碗蒸し
chawanmushi.jpg

♪井形家特製ドルチェ盛り(デザート)
yuzu_mango.jpg
「マンゴーのシャーベットとゆずのアイスクリーム」
いずみ田系列のイタリアンのお店「井形家」の特製だそうだ・・・。
昔はいつもグレープフルーツのシャーベットだったなぁ。



最後は熱〜いあがりを飲んでおしまい、と。
はぁ〜、満足でしたるんるん
次回は来年の2〜3月頃、毎年恒例の白子の寿司を食べに行くつもりでーすわーい(嬉しい顔)


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 01:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ物・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月21日

光明禅寺の紅葉

九州国立博物館から疲れて出てきて、
太宰府天満宮にて菊の花を見た後、
そこから3分ぐらいのところにある
「光明禅寺」へとやってきました。

ここは庭園の美しさで知られている臨済宗の禅寺です。

菅原家の血をひく鉄牛円心和尚が創建した鎌倉時代の古寺で、
その風情ある趣から「苔寺」の名で親しまれています。

春はシャクナゲ、秋は紅葉と季節の移り変わりが
参拝者の目を楽しませてくれるんですよ〜わーい(嬉しい顔)

前庭は15の石で“光”という文字を造る「仏光石庭」
実はよくわからなかったけど・・・

kouyou1.jpg

後庭は苔と白砂で海と陸を表現している「一滴海之庭」

kouyou3.jpg kouyou4.jpg kouyou8.jpg

「九州最古の枯山水」といわれているそうですよ。

今度は違う角度から・・・

kouyou6.jpg

ここの紅葉が好きでここ数年毎年訪れてるけど、
なかなかちょうどいい紅葉具合じゃなくて・・・バッド(下向き矢印)

今年もまだあまり紅葉してなくて残念。
それでもほっと一息ついてロハスな時間でしたるんるん

来週あたりに行かれたらちょうどいいかもしれませんよ〜。
そうそう、拝観料は200円です。
ただ、賽銭箱みたいなのが入口においてあるだけで、人もいないので
おつりがなかったら気持ちだけでもいれたらいいんじゃないかな。
(上を見るとカメラががく〜(落胆した顔)拝観料を入れるか見てるのかしらexclamation&question

また来年もいくぞーexclamation×2


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 22:04| Comment(6) | TrackBack(1) | LOHAS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

九州国立博物館

九州国立博物館の開館から約1ヶ月、やっと行ってきました!!

朝早めに出かけたけど駐車場は満車、しょうがないから太宰府天満宮付近の駐車場へ・・・。
やっと到着!

hakubutsukan.jpg

きっと来場者も多いんだろうなぁと不安を感じながら入り口に近づくと、入場制限で人の列ががく〜(落胆した顔)

紅葉の季節でもあり、土曜日でもあり、そりゃ多いよなあせあせ(飛び散る汗)とわかっていながらきたのにも
わけがある。
開館記念特別展は11月27日までだったから・・・。

pr.jpg

通常の展示は落ち着いてからでもいいけど、特別展はねぇ。
にしても、あまりの人の多さに疲れ果てましたふらふら
展示品を見るのにガラスに沿って人が並んでて、進めばいいけどなかなか進まないし、
割り込んでくる人はいるし、皮肉を言っても聞こえてないし。

音声ガイドを聞きながら見てる人が一番動きが遅いことを発見!
そりゃ音声の説明が終わるまでその展示品の前にいるわな。
まじめに説明を聞きながら見てる人はともかく、話のネタのためにとりあえず来てみた的な
人の多いこと多いこと。

僕も別にそういう趣味があるわけではないけど、少なくとも日本を知ろうという昔はなかった
思いがあって見にきたわけで・・・。

そんなこんなで疲れて展示場を出て、今回の「美の国日本」の図録を買いにいくと、
ちょうど在庫がなくて在庫置き場から持ってきてますのでお待ちくださいとのこと。

なんでも、平日でも一万人、休日は二万人の来場者数で予想外らしく印刷物も追いつかない
パニック状態だそうで。
確かにスタッフの誘導も人が多すぎて対応しきれてない感じだったし。

さて、疲れ果てて博物館を出て天満宮方面の入り口側から出ると、趣きが違ったのでパチリ。

hakubutsukan2.jpg

そのまま天満宮へ行くと毎年恒例の菊の展示があっていた。
菊と一言でいったもののいろんな品種があるもので、へぇ〜と感心しながら一回り。

kiku.jpgkiku2.jpg


そして、好きな紅葉スポット、光明禅寺へ・・・。
光明禅寺の紅葉レポートはまた後ほど。


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 18:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボジョレー・ヌーヴォー2005 解禁!!

11月17日 今年もボジョレー解禁の日がやってきました。
実はちょっぴり日付変わって18日深夜に我が家でも解禁しましたよ。

ただ、すぐに美味しい美味しくないのコメントを入れるのもまだ飲んでない人に
変な先入観を与えてはいけないと思い、自粛しておりました。

そろそろいいかな〜ということで書くことに・・・。

まず1本目。
「ブリュック」の樽出し。
毎年、元会社の後輩の酒屋さんからボジョレーを買うんだけど、
そこで樽からビンに詰め替えたものを数量限定で販売されてるのを
必ずリストに入れるのです。
詰め替えなので、普通のビンだったし、写真はとってませんあせあせ(飛び散る汗)

そして2本目。
帝王「ジョルジュ・デュ・ブッフ」のもの。
こっちはいつもどこのボジョレーにしようか悩むんだけど、
ま、船便が届けば違うのも味わえるし、まずはこれから・・・という感じで購入。

《1880円均一セール》ジョルジュ・デュブッフ ボジョレーヌーヴォ 2005

飲んだ結果は・・・



ん???



ここ数年の美味しさに比べると・・・
なんかビミョーな感じ。
でも、世間では今年も美味しいという評価が多い様子。
体調がすぐれないせいかもしれないけど、甘さと渋みのバランスがよくないような、
そんな感じでした。

だから、特にコメントを載せにくくてあせあせ(飛び散る汗)

今度はボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーを飲んでみようかな、と。
あとは、船便が届いてから・・・。


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

La PORTE創刊!!

La PORTE[ラ・ポルテ] 福岡発 優雅なライフスタイルを発見する新たな扉

というフリーペーパーが15日に創刊されました!

地下鉄のポスターで数日前から見かけていて、創刊号はLOHASの特集と書いてあったから
是非見たいと思ってた。
ラッキーなことに会社の同僚がなにげなく営業中にとってきてたので、
彼が読んだあとでもらっちゃいましたわーい(嬉しい顔)

やっと福岡のローカルな雑誌でもLOHASという言葉をみるようになってきたのが、なんだかうれしい。
そのラ・ポルテの特集にあった「ラ・ポルテ流LOHAS5つのポイント」を紹介しますね。

1.目利きになろう。[値段で選ばない消費スタイル]
 誰にでも大切なお金に潔く手を振る時がある。無駄な買い物は控え、
 良いモノやコトに投資するプライスレス・マインドを育てよう。吟味する人を目利きと云う。

  物欲のかたまりである僕には非常に難しい・・・。
  いくら無理をしないのがLOHASとはいえ、欲求のままに買うわけにもいかずふらふら
  せめてもの救い?は何か欲しいものがある時はじっくり吟味するということ。

  
2.永い息をしよう。[無理なく持続するエコロジー]
 ロハスに重要なのは持続性。自分にも他人にも、無理強いはNG。
 マイペースで自分流がいい。それでも疲れたらス〜ッと深呼吸。
 永息は、長生きにも通じる。

  自分ができないことは人に言わない。もちろん是非オススメしたいことがあったら別だけど。

3.心躍らせよう。[センスの良さはココロから]
 格好良さ、心地よさを心がけよう。本当に自分に良いものは、心踊るものである。
 “以心伝心”お洒落心や、心の余裕は他人にも伝わる。

  まだまだ未熟・・・。心踊らせるヒトやモノと出会いたいものだ。

4.体を使おう。[スローメイドにも目を向けよう]
 人を癒す素朴な笑みや感動は、カラダから生まれる。我々は手仕事の美に感動し、
 人のために野山を駆け、用意したものを本来“ご馳走”と呼んだ。

  美味しいものを食べた時のヒトの笑顔が好きだ。また“ご馳走”したくなる。

5.何事も腹八分目。[二分の余裕]
 腹八分目を心がけると無駄が減り体にもいい。さらに自然食を心がければ、
 素材を生み出した人や自然に想いを馳せる余裕が生まれ、心が育つ。

  ついついお腹いっぱい食べてしまう、大飯食らい。心が育つ前にお腹が出てくる。 


といった感じ。

同時にウェブサイトも開設されたようですわーい(嬉しい顔)

[La PORTE(ラ・ポルテ)]


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 01:14| Comment(3) | TrackBack(1) | LOHAS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

博多情緒めぐり〜博多寺町ウォッチング〜 その1

秋の博多では11月1日(火)〜15日(火)の期間中、様々なイベントが実施されています。

leaf2.jpg

その中で「博多寺町ウォッチング」コースに目をつけ、朝から受付会場のある櫛田神社へ・・
・・・行く前に三越の横浜中華街展の会場へ行き、「牡丹園」の飲茶・点心食べ放題の予約を。
すぐに櫛田神社に行く予定だったけど、食べ放題の予約をした後で、
その隣のイートインコーナーで上海豫園の上海蟹のカニミソ入り小龍包を食べることに。
だって、お昼になったら大混雑するのが目に見えてたから・・・。
岩田屋の北海道フェアも大混雑してたしふらふら

小龍包だけではあんまりなので、メニューを見て美味しそうだった「豚角煮麺」を注文。
butakakunimen.jpg
豚角煮がすっごく柔らかくて、でもこってりしてなくて美味しかったわーい(嬉しい顔)

しかし、なんということか、小龍包の写真を撮るの忘れてたあせあせ(飛び散る汗)
でも、あつあつでスープが中からじゅわーっと出てきて、美味しかったなぁ。
それにしても、この前から鼎泰豊(ディンタイフォン)に行ったり、土曜日は岩田屋の
香港蒸蘢(ほんこんちょんろん)に飲茶・中華の食べ放題に行ったり、中華三昧だわーい(嬉しい顔)
昼からまた食べるし・・・。ちょっとやりすぎかもあせあせ(飛び散る汗)

さてさて、お腹が満たされたところで櫛田神社へ・・・。


続きを読む
posted by ken at 00:15| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

3R政策

10年以上前に使っていたNorthFaceのバッグに三角形のリサイクルマークが入ってて、
(この頃結構たくさん売ってた)

この当時から3R

1 Reduce(リデュース)・・・・廃棄物の発生抑制

2 Reuse(リユース)・・・・・・再使用

3 Recycle(リサイクル)・・・再資源化


って言葉はそのバッグにも書いてあって知ってたんだけど、まったく意識してなかったんです。

昨日ふとその文字を目にして、今はリサイクルとかも意識するようになってきたなぁと思って
ちょっと調べてみました。

そうしたら、「リデュース・リユース・リサイクル推進協議会(略称:3R推進協議会)」なんて協議会があるのを発見しました。
以前は「リサイクル推進協議会」という名称だったようです。
我が国の深刻な廃棄物問題を解決するためには従来の1R(リサイクル)の推進から、
3R(リデュース=廃棄物の発生抑制、リユース=再使用、リサイクル=再資源化)の推進による
循環型社会の構築が必要であるとの認識を踏まえ、
名称を「リデュース・リユース・リサイクル推進協議会」に改称し、
3R推進のための広範な国民運動を展開しているとのことでした。

経済産業省のサイトを見て実は毎年10月が3R推進月間だということを知りました。

へぇ〜、知らなかったふらふら
ていうかもう11月も中旬近いし・・・。

ロハスピープルとしては、日頃から意識してて当然ですからわーい(嬉しい顔)
こんな言い方すると、なんだか偽善者みたいあせあせ(飛び散る汗)

それで、3R活動への積極的な参加と協力を呼びかけるため、3Rキャンペーンマークを
活用してください、と書いてあったのでちょっと載せてみました。

3r_marks.gif

・・・ちょっと大きすぎ?


デザインコンセプトは・・・(そのまま引用させていただきました)

『人と大地と空のために踏み出す一歩 』

英語のR(Reduce・Reuse・Recycle)をモチーフとした、3つの図形が一歩を踏み出し、前進する様を表現しています。3つの色はそれぞれ[オレンジ→人間] [グリーン→大地] [ブルー→空]を表現しています。

・・・だそうです。

思いきった部屋の片付けをしようとしているので、我が家でも3R政策を実施しよう!!・・かな。


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 02:37| Comment(0) | TrackBack(0) | LOHAS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

黒じょかで一杯

れんこん食べて満足したところで晩酌を・・・。

寒くなってきたので、焼酎もそろそろロックからお湯割にしようかなと思って、
久しぶりに黒じょかを出してきました。

kurojoka.jpg

飲んだ焼酎はもちろん大好きな「磨千貫」ぴかぴか(新しい)

磨千貫1800ml

黒じょかの使い方は簡単。
焼酎と水を5:5ぐらいで入れて火にかけて弱火でゆっくり温めるだけ。
ホントは割り水(水で割った焼酎を数日間寝かせること)したものを使うと
もっと美味しいんだけど、急に思い立ったからしょうがない・・・。
割り水すると焼酎と水がじっくりとなじみ、まろやかになって、そのまま水割りで飲んでも
美味しいんです。

割り水する時は魔法のボトルを使うとさらにいいんですよ〜わーい(嬉しい顔)
こんな感じのボトルなんですけどね。DOUBLEDAYにも売ってますよ。

魔法のボトル トール

<ちょっとうんちく>
このボトルは、ラジウム鉱石を釉薬に使用しています。
このラジウム鉱石から出るアルファ線により、
例えば酒類ならアルコール分子の周りに整列した水分子が取り囲み、
味をまろやかにしてくれるのです。
一般にお酒を何年も寝かすと美味しくなるのはこのためで、
魔法のボトルだと約一昼夜でこの効果が出るんです。


このボトルで水も美味しくなるらしいんです。

我が家では水にはブリタ(↓これ)を使ってるからこの魔法のボトルは焼酎専用ですけどねわーい(嬉しい顔)

ブリタ クール 替カートリッジセット

なんか話がそれてしまったあせあせ(飛び散る汗)
で、久しぶりに飲んだ黒じょかで温めた焼酎は

美味しかったぁぁわーい(嬉しい顔)

しばらくはお湯割生活が続きそうぴかぴか(新しい)


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 00:13| Comment(5) | TrackBack(1) | 食べ物・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月09日

岩国れんこんの炒め物

先日Oisixのおためしセットに入っていた「岩国れんこん」を食べました。
iwakunirenkon.jpg

調理方法はこんな感じ…

「れんこんステーキ」

<材料>岩国れんこん1.5cm、塩少々、こしょう少々、サラダ油少々、マヨネーズ少々、醤油少々

【1】れんこんの太い節の所を厚さ1.5cm位の斜め切りにし、塩・こしょうをする。
【2】フライパンにサラダ油をひいて、ちょっと焦げ目がつくくらいに、両面を中火で焼く。
【3】マヨネーズに醤油をたらし、つけて食べると美味しいです。



美味しくて、写真を撮るのも忘れて全部食べちゃいましたわーい(嬉しい顔)

1行で簡単にまとめていいのかと思ったけど、うまく言葉にならないぐらい美味しかったexclamation×2
モチモチ、シャリシャリで心地よい食感がたまりません。

また食べた〜いぴかぴか(新しい)


◆Oisixおためしセットが気になる方はこちらからどうぞ!◆
バナー 10000133


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

久々にうるうるきました

月曜日に千葉まで出張に行く時にちょうど新しい本に突入しました。

『西の魔女が死んだ』を読んでちょっと気に入った梨木香歩さんの『裏庭』です。


『西の魔女が死んだ』     『裏庭』
nishinomajogashinda.jpg           uraniwa.jpg

出張に行って帰るまでの一泊二日で一気に読んでしまったあせあせ(飛び散る汗)

しかも、帰りの飛行機の中でちょっとうるっとしてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)
内容をうまく表現できない・・・なんて未熟な文章力・・・ふらふら
表現できないので、気になる人は読んでみてください。

さて、また明日(日付的には今日)から出張だから、日曜日に帰って来る頃には
次の本も読み終わるかな・・・。


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

鼎泰豊(ディンタイフォン)の小籠包

今日は熊本の鶴屋百貨店7階にある鼎泰豊(ディンタイフォン)に
小籠包を食べに行ってきました〜exclamation×2

鼎泰豊は、台北に店を構える台湾一の点心レストランで、
30年以上の歴史を持つこのお店は、
米紙ニューヨーク・タイムズに「世界10大レストラン」の1つとして掲載された
世界的に有名な点心料理専門店なんですって。



鼎泰豊台湾⇒こちらからどうぞ


さて、小籠包だけでは足りないので、セットものにして単品で追加することに。
出てきたのがこれ↓  ↓  ↓
setmenu.jpg

小籠包を拡大すると・・・
shoronpo.jpg

追加で鼎泰豊セットとやらを頼みました。
上から野菜肉入り蒸餃子、海老肉入り焼売、もちごめ入り焼売が2ヶずつ入ったセットです。
setmenu2.jpg


それと中国青菜の炒め物を頼んだけど、写真を撮るのを忘れて食べてしまったあせあせ(飛び散る汗)

さぁ、ここまで世界的に有名な点心のお店で食べた感想は・・・


おいしーーーいexclamation×2exclamation×2

小籠包の中の具が透けて見えるほどの薄い皮から、あつあつの肉汁が口の中で
ジュワーっとあふれ出す瞬間、おいしさのあまり言葉を失いましたわーい(嬉しい顔)
って言ったら大げさかもしれないけど、おいしかったぁるんるん


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ物・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。