2007年07月18日

「それでも生きる子供たちへ」

今日は平日休みだったので、映画を観に行ったよー!!

「それでも生きる子供たちへ」

という映画。

soredemo.jpg

両親の別離、ストリートチルドレン、HIV胎内感染、少年兵士など、
7つの国の子供たちの現実を7つの国の監督たちが描いている。

監督はスパイク・リーやジョン・ウーなど有名な監督も参加してる。

うまく言えないから下手な感想は言わないことにするけど、
内容は全て現実の世界をもとに映像化されているってこと。

銃を持って命がけで生きている子供、盗みを働かないと生活できない子供、
ゴミを集めて小銭を稼いで生きている子供、
裕福な日本では想像もつかないような中で生きている。

みんな命がけで生きている。


毎日を何気なく送っていられるって、なんて贅沢なんだろう。

今日一日が平和なことに感謝して生きていこう。。。


ルワンダの子供たちへの給食支援のためWFPへの寄付を目的とした
チャリティプロジェクトが福岡であってて、
缶バッジをあちこちで販売してるから
ぜひ探して買ってあげてほしいなぁ。
ただ、もう完売してるところも多いと思うけど。。。

詳細は公式サイトで確認してね。

偽善でもなんでもなく、デザインがかわいいからさ。

pro_2.jpg


1個200円なんだけど、そのうちの160円を寄付することで、
ルワンダの子供8人分の給食になるらしいんだよね。

そのくらいなら無理なくできるかなってことで3個買ったのでした。


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 23:03| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月25日

映画「ダ・ヴィンチ・コード」

昨夜ユナイテッドシネマ@ホークスタウンで見てきましたー!!
さすがにレイトショーでも人多かったな^^;
水曜日でレディースデーだったのもあるけど…。


感想・・・

あれだけの長編作品を2時間半におさめるのは無理だね。
ハリーポッターと一緒。端折られた部分がおしい…。

本を先に読んだのが失敗だったかな…。
映画見てから本読めばよかった(-_-;)


ネットでいろいろ見てても不評みたい。
酷評に頷いてしまう…。


内容はネタバレになるから言いませーん!


■結論■
1.映画→本がいい!!
2.個人的な感想としては本のほうが断然おもしろかった!!
3.野球がある日のホークスタウンには気をつけろ!!


以上!!

■映画「ダ・ヴィンチ・コード」の公式サイトはこちら


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 21:40| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月14日

「ハリーポッターと炎のゴブレット」

先週上映終了ギリギリで
「ハリーポッターと炎のゴブレット」を見てきた。

harry4.jpg

最近見たい映画が気づいたら終わってることが多かったので
なんとかがんばって仕事帰りにキャナルシティのユナイテッドシネマ
行ったのでした。

それにしても、ハリーはじめみんな大人になっちゃってさ〜。
なのに、役の上では14歳だって!?
ちょっとビックリ。

1作目なんてホントかわいかったのに、
見てよ、下の1作目のジャケットのハリー。
ハーマイオニーも大人っぽくなっちゃってさ〜。

僕も年をとったはずだ…。

内容はというと3作目はまあまあって感じだったけど、
4作目はリズムがよくて面白かったな。


ハリーポッターの英語は比較的聞き取りやすいから、
いい教材としてたまにDVD見てます!

■ハリーポッターと賢者の石■
harry1.jpg

■ハリーポッターと秘密の部屋■
harry2.jpg

■ハリーポッターとアズカバンの囚人■
harry3.jpg


人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 00:57| Comment(4) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月09日

「スパングリッシュ 〜太陽の国から来たママのこと」

「スパングリッシュ 〜太陽の国から来たママのこと」

通じない言葉、通じない心―

 ママとの17年を綴ったちょっと切なくてあったかい娘の記録



来週末から始まるこの映画がちょっと気になる。

“スパングリッシュ”とは、アメリカで暮らす4千万人近くの
ラテン系の人々によって話されているスペイン語と英語の混成語。

二つの文化が優しく混じり合うロスで、ハウスキーパーとして、
見かけは裕福で幸福そうな、しかし、今にも崩れそうなクラスキー家に
住み込んだ母フロールと娘クリスティーナの物語。

英語が話せない母親と、英語・スペイン語が話せる娘、
クラスキー家の人々は英語しか話せない。

言葉が通じない中で、子供を思う気持ちを通じ、
少しずつ心を近づかせていくフロールとクラスキー家の主人ジョン。

クラスキー家という不安定な場を舞台に、家族の愛、母の愛、男女の愛を
“もう一度”考えさせる作品
に仕上がっているそうだ。

フロール役のパズ・ヴェガはスペイン出身でホントに英語が話せなくて
ジョン役のアダム・サンドラーはスペイン語が話せない
役の上だけでなくホントにお互いに言葉が通じない状態での
撮影だったそうで、監督いわく「この作品で見事な演技を見せてくれた
パズは、実は私の言う事を一言も理解できていなかった」んだって。

だから映画ではよりリアルな感じが出てるんじゃないかな?

劇場で見るか、DVDで見るかはわからないけど、見てみようかなと
思う作品でした。


詳しくはこちらから↓
http://www.sonypictures.jp/movies/spanglish/



人気blogランキングへ
banner_ranking.gif
posted by ken at 00:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月08日

私の頭の中の消しゴム

今使ってるプロバイダのUSENでこんなキャンペーンやってるのを発見!
早速申し込んじゃいましたわーい(嬉しい顔)
今週は仕事が超ハードだったから今日は家でぐったりして懸賞生活みたいなことで
時間を潰してるのでした・・・。
明日からは活動するぞー!!

■是非みなさんもぴかぴか(新しい)
映画「私の頭の中の消しゴム」公開記念アンケートキャンペーン!アンケートに答えると抽選で『韓国旅行』、『デジタルカメラ』、『PSP』、『映画チケット』が当たるらしいですよexclamation×2
詳しくはここから↓↓

posted by ken at 16:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

宇宙戦争

昨日は「宇宙戦争」を見てきましたexclamation

地球上の生物の生態系ピラミッドの頂点に宇宙人は立てなかった・・・ということだったのかしら?
環境問題を訴えるのかな、とも思いながら見ました。

それにしても、トムクルーズの息子役の青年(名前忘れたたらーっ(汗))はどうやって助かったのだろう?
というかトムクルーズもダコタファニングも主演だからだろうけど、あれだけ危険な目にあっていながら必ず助かるんだもんなぁ。

でも、スターウォーズよりはおもしろかったかなあせあせ(飛び散る汗)
posted by ken at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

STAR WARS 〜EPISODEV〜

スター・ウォーズ3、や〜っと見てきました!

ついにダース・ベイダー誕生を見ることができたんだけど、う〜ん・・・どういったらいいのかなぁ。一応見ていない人がいたらいけないからしばらくはノーコメントにしておこうかな。

明日は宇宙戦争を見に行くぞーぴかぴか(新しい)
ロボッツも見たいし、マダガスカルも見たいし、皇帝ペンギンも気になる。
はやくMr.&Mrs. Smithも見たいなぁ・・・。
posted by ken at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。